マニキュア
ガムブリーチ
術後のケア

当院では『マニキュア』『ガムブリーチ』も行っております。
『術後のケア』も大事なのでお読みください。

マニキュア

歯のマニキュアは、一時的に歯を白くすることができます。
口を開けたときに見えてしまう黒ずんだ歯の表面に白いプラスチック材を薄くコートすることで歯の色を隠しながら、
ご自分の好みに合った白さに仕上げることができます。
結婚式に向けての準備や会社のプレゼンなど、あなたの大切なイベント時におすすめです!

マニキュアの流れ

  • 歯の表面を
    よくきれいにします
  • あなたに合った
    カラーを選びます
  • マニキュアをします
  • トップコートを塗って
    終了です
01

まだ何も行っておりません。

02

半分だけ白くしてみました。
歯の色と対比するため、かなり白い色を塗っています。(実際には、もっと自然な色をお勧めしています。)

03

上の前歯を白くマニキュアしました。
ブラッシング方法などよく説明を聞きましょう。

ガムブリーチ

歯茎のメラニン色素を薬剤を使って綺麗なピンク色に戻すケミカルピーリングです。
歯茎の色は歯の色と同様、口元の美しさに影響を与えます。
歯茎の色が黒く、気になっている方におすすめです。

01

歯ぐきの黒い部分に表面麻酔をして薬を塗ります。
約3分ほど待つと…

02

黒い部分が薬の作用で白くなります。
しみますので、食事には十分気をつけてください。
無理に白い部分をはがさないでください。

※痛み止めを差し上げますのでお飲みください。
3~4日痛みます。

03

1週間~10日後に自然に白い部分ははがれ落ち、下からピンクの歯ぐきが現れます。

04

1年後の状態です。
メラニン色素は体の内側から出てくるものなので、少し黒さが戻ることがあります。
この状態で気になられる場合にはリタッチ・ブリーチをすることをお勧めします。

約一週間後

※ガムブリーチの後1週間ぐらいは刺激物(辛いものやしょっぱいもの)は控えてください。

※ガムブリーチ後一時歯ぐきが白くなります。大切な用事がある場合には1週間以上前に施術されるか、用事がおすみになってからご予約ください。

※タバコを吸われる方は、かなり早くにまた歯ぐきが黒ずんできます。

※メラニン色素以外の原因で歯茎が黒ずんでいる場合、ガムブリーチはできません。

術後のケアについて

ホワイトニング後の歯は、表面を覆っている被膜がすべて取り払われ、無防備な状態になっています。
ホワイトニング後24時間以内は色の濃い食事や、うがい薬、タバコ、コーヒーなどは控えてください。

避けたほうがよいもの

全般に色の濃いもの。白いシャツに、色、しみがつくと思われるものは避けてください。

【飲み物】コーヒー、紅茶、日本茶、ウーロン茶などのお茶類、赤ワイン、コーラなどのジュース類

【食べ物】色の濃い食物。カレーライス、焼肉、しょうゆ系のもの、チョコレート、あんこ、トマトなどの色の濃い野菜。ぶどう、イチゴなど。

よくある質問

Q

ホワイトニングの効果はどのくらいもちますか?

A

ホワイトニングした歯は一生もつものではありません。歯は年齢と共に徐々に着色します。
また、食事内容やし好品等によっても歯の色は着色してきます。効果を少しでも永く持続させるためにはホワイトニング剤配合の歯磨き粉の使用や、定期的な色のチェックをお勧めします。
もし、再着色が気になられるようなら、1年に1~2回の追加ホワイトニングを行うことにより、白さを保っていただけます。

Q

ホワイトニング後2~3日で色が戻ったようなのですが?

A

ホワイトニングした歯は一生もつものではありません。歯は年齢と共に徐々に着色します。
また、食事内容やし好品等によっても歯の色は着色してきます。効果を少しでも永く持続させるためにはホワイトニング剤配合の歯磨き粉の使用や、定期的な色のチェックをお勧めします。
もし、再着色が気になられるようなら、1年に1~2回の追加ホワイトニングを行うことにより、白さを保っていただけます。

ホワイトニングは歯の中の色素を分解して白くしますので、2~3日で色が戻ることは通常ありません。
多くの場合、白くなった色を毎日見ていることによる“目の慣れ”です。
ただ、全ての人が目の慣れというわけではありませんので、もし気になるようでしたら御来院ください。
無料で色のチェックをさせていただきます。

ご予約・お問合せはこちらまで

初めての方はこちらから↓

24時間ネット予約受付中